ハクビシン駆除は専門業者に依頼~申請許可や保証体制~

害獣駆除は素人判断で行なうと危険です 害獣駆除は素人判断で行なうと危険です

申請手続きが面倒と感じたら駆除業者に任せよう

男性

個人で行なえるハクビシン駆除の方法を紹介してきましたが、免許の取得や申請手続きが面倒だと感じる方もいらっしゃるでしょう。そんな時は専門業者に依頼するのが一番です!専門業者選びに役立つポイントは事前にチェックしておきましょう。

ハクビシン駆除業者を選ぶ際に気を付けておくべき事

申請許可の得たところか
専門業者と言っても、狩猟免許をもっていなければハクビシン駆除は行なえません。専門業者を選ぶ際は、有資格者が在籍しているのか、どのような狩猟免許をもっているのか事前に確認しておきましょう。また、各市町村への届け出もしっかりと行なっているのか、悪質な業者ではないか見極める必要があります。
保証制度が整っているか
害獣相手の駆除作業は、一度で完了できない場合もあります。定期的な点検調査や、再び被害に合った際の追加作業など、アフターケアや保証付きである専門業者を選ぶようにしましょう。総合的に考えると作業費用が安くても、保証が付かない専門業者への依頼は避けるべきです。

申請をせずに自分で害獣が来ないように対策しておく事

ハクビシンが住みにくい家作りを始めよう

まずは、安全な環境だと確定されることを防ぎましょう。静かで暗く、外敵から姿を隠せるような場所は、ハクビシンの寝床となってしまいます。天井裏や床下、外壁の隙間はできるだけ塞ぎましょう。また、ハクビシンは木登りが得意で、民家へは電線を伝い侵入してきます。定期的に庭木の剪定を行ない、動線となる経路を遮断しましょう。野生動物は非常に優れた嗅覚をもちます。ハクビシンは甘い果物に目がなく、農作物やジュースの飲み残しを見つけだし、民家周辺を荒らしてしまいます。ゴミ捨て場は清潔に保ち、強固なネットや施錠付のボックスに変えるなど対策を行ないましょう。生活スタイルを見直せば、害獣被害を抑制することも可能です。

TOPボタン